アラフォーバツイチ子持ち男の婚活奮闘記

婚活に圧倒的に不利と言われる悪条件を持った男の記録です

やり取りは順調

A.Tさんへメッセージを送った後、30分後くらいに通知がきた。

「A.Tさんからメッセージが届いています。」

やった!まずは第一関門突破だ。早速ログインしてメッセージを見る。

 

 

「としおさんはじめまして。私はといいます。こちらこそありがとうございます!ツムツムは少しやってましたけど、今はアプリで少しやってるくらいですよー。あとは漫画読んだりも好きです。」

 

ちゃんとメッセージがきて一安心。前みたいにそっけないのだったらどうしようかと思ってたので。すかさずこちらも返信した。

 

「愛ちゃんというんですね。気軽にお話ししましょう!ゲームも漫画もいろいろありますからねー。漫画は少年誌なら結構分かりますが、最近のはあんまり知らないかも。こちらは県内では田舎のほうだけど、愛ちゃんのところは都会かな?」

 

次も30分ほど後にメッセージが届く。

「漫画、私も少年誌のほうが多いですよー。ワンピースとかテニプリとかナルトとか!私のウチも田舎です。近くのコンビニまで車に乗っていかないといけないです。」

 

こんなやり取りを交わし、次の日も、その次の日も数通交わした。これはかなり順調じゃないだろうか?頭の中でいろいろとシミュレーションしていく。

 

アプリだと1ヵ月ごとに有料会員の更新がくるから、できれば次の月に入る前にラインの連絡先をゲットしたいところだ。あんまりがっつくのもアレだし、もう少しやり取りしてから聞こう。

 

そんな最中、Pairsでもマッチングが成立した。お相手は24歳H.Kさん。しかし写真を載せていないかたで、こちらも少し身構えてしまう。それでも愛ちゃんとやり取りしていることもあり、とりあえずやり取りだけでもと思い、メッセージを送ってみる。

 

「H.Kさん、はじめまして。とるてこと、としおと言います。いいね!ありがとうございます。これからよろしくお願いしますね。H.Kさんはどんなことをして過ごすことが多いですか?私はインドアもアウトドアも好きですので、いろいろお話しましょう!」

 

最初のメッセージはなんだかテンプレートみたいになってしまっているが、まあ無難だろうし気にせずいこう。

 

OmiaiとPairs、両方でマッチングが成立し、なんだかいい調子だ。気のせいか、毎日が楽しくなってきた気がするし、仕事もはかどっている。アプリのお知らせがくるのが待ち遠しくなっていた。

   

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代男性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 再婚活・再婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ バツイチの恋愛へ