アラフォーバツイチ子持ち男の婚活奮闘記

婚活に圧倒的に不利と言われる悪条件を持った男の記録です

愛ちゃんとデート

迎えたデート当日、天気は晴れだった。思ったよりはよく眠れて体調も万全!いよいよ今日愛ちゃんに会えるんだという不思議な気持ちを抱えながら、身支度を整えていった。

 

 

愛ちゃんが住んでいる市は、通ったことがある程度で馴染みのない場所だったが、今はナビのおかげで迷うこともない。時間は1時間以上かかる場所だ。愛ちゃんの家からは近いところに集合なので、そこまで徒歩で来るとのことだった。

 

「愛ちゃん、おはよう☆イイ天気になったね。今から家を出るのでよろしくお願いします!」

運転している最中に愛ちゃんからもLINEがきた。

「としおさん、おはようございます♬気を付けてきてくださいね。」

思わずアクセルを踏んでいる足にも力が入り、スピードを出しそうになる。いかんいかん。

 

少し早めに着きそうになったので、コンビニで2人分のドリンクを買う。どういった飲み物が好きかもLINEで調査済みだ。そしていよいよ集合場所へ到着した。

「着きました!待ってるので着いたら連絡ください。」

 

待っている時間が非常に長く感じた。胸の鼓動が高鳴ってくるのが分かる。

「すみませーん、少し遅れるかもです。m(__)m 待っててください!」

こういう時は勝手に妄想が広がるもので、おめかしに時間がかかっているのかな?とポジティブな気持ちしか浮かんでこない。

そしてついにその時はやってきた!

「お待たせしました、着きましたー☆どこかな??」

車の中から探してみると・・・

 

あれ?Omiaiに載っていた写真の人と全然違う(;゚Д゚) え、どうしよう?そんな思いが去来する。その人を目で追っていると、隣の店へと入っていった。どうやら違ったようだ・・・ε-(´∀`*)ホッ

 

気を取り直して辺りを見回してみると!?

   

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代男性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 再婚活・再婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ バツイチの恋愛へ