アラフォーバツイチ子持ち男の婚活奮闘記

婚活に圧倒的に不利と言われる悪条件を持った男の記録です

2回目のデート④

お昼まではまだ時間があり、とりあえずぶらぶらすることに。

「愛ちゃん、なんか行きたい店ある?」

「うーん、特にないかなぁ。」

 

 

困った。古い記憶をなんとか思い起こそうとする。幸いいろんな店があるため見て歩いて回ることはできたが、特別会話に華が咲くわけでもなく、少し焦ってくる。

「あ、ゲーセンあるよ。ちょっと寄ってかない?」

「私お手洗い行きたくなりました。どこだろう?」

そんなこんなでお手洗いを探したりで、ゲーセンはうやむやになってしまった。

 

時間だけが過ぎていき、お昼時になった。

「そろそろお腹空かない?お昼食べたいものがあれば何でも言ってね。」

ラーメンが食べたいです!」

 

前回に引き続き2連続ラーメン!そんなこともあろうかとチェック済みだ。

「それなら2駅ほど行ったところに美味しいところがあるよ。車は離れたとこに駐車してあるし、都会だからまた駐車場探すのもあれだから、電車で行こう!」

 

「えーっ、私あんまり電車好きじゃないんですよ~。暑いし車で行きません?」

・・・これは正直面食らった。

どう考えても電車で行ったほうが効率的だし、車だとお金も時間も余計にかかる。

 

しかし、そんなことを言うとデートが台無しになる気がしたので、

「よし、じゃあ車で行こっか?ちょっと歩くけど戻ろう。」

そう言って駐車場へと戻っていった。

 

これくらいのわがままは聞かないとな、そんなことを思っていた。

   

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代男性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 再婚活・再婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ バツイチの恋愛へ