アラフォーバツイチ子持ち男の婚活奮闘記

婚活に圧倒的に不利と言われる悪条件を持った男の記録です

2回目のデート⑪

これ以上遅くなってはお互いにとって良くない。そう考え切り出した。

「愛ちゃん、もう19時だしそろそろ切り上げよっか?」

愛ちゃんは特別慌てる様子もなくこう言った。

 

 

「分かりました。あと2,3曲だけ歌わせてください。」

そう言って慣れた手つきでデンモクを操作していった。

 

・・・店を出る頃には19時半を回っていて、少し急ぐ形で車に向かった。日はほとんど傾き、夜がすぐそこまで迫っている。車を運転しながら思考を巡らせていた。

「今日も楽しかったよ、ありがとう。」

 

「こちらこそありがとうございました!楽しかったです。カラオケ最高ですね。」

愛ちゃんも楽しんでくれたようだ。

 

好感触だったので意を決して素直に伝えてみる。

「今回は3週間空いちゃったし、やっぱ2週間に1回くらいは会いたいな。」

すると思いがけない反応が返ってきた。

 

「え?そんなにですか?」

一瞬言葉を失う。

それでもなんとか言葉を繋いだ。

 

「多いかな?平日は会えないしと思って。来月はいつが都合良い?」

「来月は予定入ってるから難しいですね。」

 

そう言ってスケジュール確認のためか携帯を取り出す・・・が、すぐさま閉じてしまった。

「そうなんだ。じゃあまた都合の良い時教えてね。」

「携帯充電無くなっちゃった。あの時地図見たからかも~。」

 

どうやら昼間に道に迷った時、地図を調べたことを言っているようだ。・・・それを言うならポケモンGOのせいだと思うが・・・とはもちろん言わない。

   

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代男性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 再婚活・再婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ バツイチの恋愛へ