アラフォーバツイチ子持ち男の婚活奮闘記

婚活に圧倒的に不利と言われる悪条件を持った男の記録です

2回目のデート⑫

機嫌が良いと思ったら悪いようで、掴みかねていた。それでも気まずいので、今日のこと等いろいろ話題を振った。しかし反応はイマイチで、一言返されて終わるものばかり。

 

 

記憶が定かではないが、こんなやり取りはした。

「血液型って信じる?結構性格分かれるみたいだね。」

「信じません。」

この後少し滅入り、無言の時間が続いた。

 

到着まであと15分程度の距離に迫った頃、ふと愛ちゃんが口を開いた。

「そう言えばイヤホン欲しいんだった。コンビニで買ってこ。」

コンビニではイヤホンも売っているのか。

 

その辺は疎くて知らなかったが、こう提案してみる。

「じゃあコンビニ寄ってこっか?」

「いや、いいですよ。近いですし。」

 

「でももう暗いし、寄るだけだから。それから家まで送るよ!」

「いや、ホント大丈夫です。近いですから。」

 

「でも心配だよ。暗いから遠慮しないで。」

「うーん、大丈夫です。いつものところまでお願いします。」

ここまで言われてしまっては仕方がない、集合場所まで車を走らせた。

   

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代男性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 再婚活・再婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ バツイチの恋愛へ