アラフォーバツイチ子持ち男の婚活奮闘記

婚活に圧倒的に不利と言われる悪条件を持った男の記録です

デートに誘う

何回かのやり取りを経て、次回のデートに誘ってみた。

「お疲れさまです^^ 次会うのだけど、良かったらゆっくり話しませんか?めぐちゃんお酒好きって言ってたし、良かったら飲みに行こう!お店選びは任せて☆」

 

 

「今日もお疲れさまでした。いいですね、ぜひ飲みに行きましょう(^O^) 任せちゃっていいですか?」

めぐちゃんと次に休みが重なるのは2週間後の土曜日だった。そうと決まれば早速お店を予約しなくては。

 

気合を入れてお店選びを始める。雑誌を見たりネットを調べたりしながら候補を絞っていくが、譲れない条件は個室があるところ。ゆっくり話すにはやっぱり個室がいい。大事な話もしなくてはならない。

 

しかし意外と条件に合う店は少なく、都会ならこんな悩みはないんだろうな、と思う。

 

1つ少し高そうだけど良いところがあったので、さっそく電話をしてみた。

「もしもし、2週間後の土曜日19時から予約できますか?」

「確認します、お待ちください。・・・はい、カウンターならご案内できます。」

 

カ、カウンターか。うーん、やっぱり困る。

「個室は空いてませんか?」

「申し訳ございません。個室は満室になっておりまして。」

 

せっかくいいところを見つけたのに残念・・・2週間前ではやはり遅いか。

   

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代男性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 再婚活・再婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ バツイチの恋愛へ