アラフォーバツイチ子持ち男の婚活奮闘記

婚活に圧倒的に不利と言われる悪条件を持った男の記録です

友情に感謝

いよいよ迎えたデート当日この日は土曜日で休みだったため、夜までには時間があった。一人で悶々としていても良くないので友達(K)と遊ぶことにして、一緒に体を動かしたりコーヒーを飲みに行ったりすることにした。

 

 

は既婚者だが、一度結婚に失敗している私を気遣ってくれるいいやつだ。

「としお最近はどう?」

「ああ、仕事は順調だし、プライベートもまあまあだよ。」

 

「そうか、それは良かった。本当に良かった!」

自分のことのように喜んでくれる。こうやって共有できる友達がいるのはありがたい。

 

「大変やったもんな。まあ無理せずやっていきなよ。俺はとしおを応援してるから。」

「ありがとな。プライベートのほうだけど、実は今仲良くなっている子がいてさ。」

「そうなの?やるな~。どんな子?」

Kも身を乗り出して聞いてくる。

 

「正直見た目はタイプじゃないんだけどさ、話が合うっていうか。こないだもデートしたんだけど、話が途切れることが無かったよ。もちろん慎重にはなってるよ。」

 

「いいじゃん!やっぱ結婚ってさ、話とか価値観が合わないとつらいよ。見た目は人それぞれだからなんとも言えないけど、ずっと一緒に生活するんだから、性格が合わないっていうのは止めたほうがいいからね。」

   

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代男性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 再婚活・再婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ バツイチの恋愛へ