アラフォーバツイチ子持ち男の婚活奮闘記

婚活に圧倒的に不利と言われる悪条件を持った男の記録です

めぐちゃんと待ち合わせ

「俺も同じ失敗は繰り返したくないから、結婚が目的ってわけじゃなくて。一緒にいて安らげたり、同じ価値観の人がいいなって思ってる。そこはブレないつもり。」

「なかなかあんな経験できないからな。としおのは・・・特別だよ、あれは。としおがそういう考えなら安心した。」

そう言ってKはうなずく。

 

 

「まあとにかく、上手くいってるなら良かった!応援してるよ。」

ずっと一人で考えていたことだから、Kに話せて良かった。なんだか心が少し軽くなった気がする。

 

もちろん今日この後デートなんてことは野暮だから言わなかったが、デート前にリラックスできたことは本当に良かった。

 

日も暮れ始め、Kと別れる。さあいよいよめぐちゃんとの2回目のデートだ。場所はめぐちゃんの家のほうなので、列車に乗り込んで行った。

 

居酒屋は駅前なので、集合場所は駅構内。列車なので予定時刻に着き、しばらく時間をつぶしていたが、あっという間に予定時刻となる。・・・するとめぐちゃんが時間ぴったりにやってきた。

 

「としおさん、お疲れさまです!待たせちゃいました?」

そう言って駆け寄ってくる。

 

「いや、少し前に来たばかりだよ。めぐちゃん時間ぴったりだから全然大丈夫!」

「良かった~。じゃあ早速行きましょう。」

顔をほころばせながら、連れ立って居酒屋へと向かっていった。

   

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代男性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 再婚活・再婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ バツイチの恋愛へ