アラフォーバツイチ子持ち男の婚活奮闘記

婚活に圧倒的に不利と言われる悪条件を持った男の記録です

暖簾に腕押し

前のデートから2週間以上が経ったある日、相変わらずめぐちゃんからデート日に関する連絡はない。いてもたってもいられなくなり、再度デートに誘ってみることにした。

 

 

「お疲れさまです。そういえばめぐちゃん休みはどうかな?また聞いてしまって申し訳ないです^^;; 紅葉が綺麗だし、またドライブ行こうよ!美味しいもの食べに行くのもいいね。今週末とか来週末どう?」

 

めぐちゃんからは、いつもどおり返信がきた。

「今日もお疲れさまでした。実は今回は全然土日休みが無くて(汗)ホント申し訳ないです。こないだ友達とは平日休みに紅葉見に行けたんですけどね~。また連絡しますね!」

看護師という職業柄、仕方ないのかもしれない。でも、待つだけの身というのは想像以上につらい。よくドラマや小説にあるような、女性が男性をひたすら待ち続ける・・・というのもこのような心境なのだろうか。

 

自分の気持ちがよく分からなくなってきた。これが1人に絞ってしまった時のつらいところ。時間はただ刻一刻と過ぎていく。容赦なく。

 

年齢を重ねるにつれて、時間のありがたみが分かってきたような気がする。だからこそ無駄に過ごすわけにはいかない。

 

また他の相手を探そうか?いろいろな考えが頭を巡っている。

   

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代男性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 再婚活・再婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ バツイチの恋愛へ