アラフォーバツイチ子持ち男の婚活奮闘記

婚活に圧倒的に不利と言われる悪条件を持った男の記録です

気を取り直して挽回を図る

駅から店までの道のりは下調べしているので大丈夫。さっきのことで動揺していたため、下調べしていなかったらヤバかっただろう。そこで店の場所が分からずにあたふたしてしまえば、きっとアウトだった・・・と思うと冷や汗をかいた。

 

 

とはいえデートはこれから、気を取り直して早速話しかけていく。

「まだ寒いですね。でも天気が良くて本当に良かった。」

「そうですね、まだコートが手放せません。」

 

「私も昔〇〇市には住んでいたんですよ。この辺りに来るのは初めてですけど、やっぱり都会ですね。ともこさんはずっと〇〇市でしたよね?」

「はい、ずっと〇〇に住んでます。都会ですか?いろいろ便利ですからね。」

 

「こないだのお笑いライブも大阪まで行ってましたもんね。結構あちこち行かれるんですか?」

「あちこちというか、大阪が多いですね。気になる芸人さんだと他のところも行きますけど。としおさんはどうですか?」

 

「私はほとんど行ったことないんですよ。お笑いはテレビばかりで・・・やっぱライブは違いますか?興味はあるんですけど、なかなか1人で行く勇気は無くて。」

「全然違いますよ!ライブは臨場感があってハマりますよ。」

 

そんな話をしているとあっという間に店に着いた。

「着きました、早速入りましょう。」

 

そう言って扉を開けると、まだお客さんは一人もいなかった。

「予約をしていた△△です。」

 

そして席へと案内された・・・が、思っていたのと違う光景が目に飛び込んできた。

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代男性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 再婚活・再婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ バツイチの恋愛へ