アラフォーバツイチ子持ち男の婚活奮闘記

婚活に圧倒的に不利と言われる悪条件を持った男の記録です

ランチしながら会話を楽しむ

「料理楽しみですね。」

「美味しそうですよね。店の雰囲気も良い感じです。」

 

 

しばらくは雑談を交わす。正面に見るともこさんは、やはりとても可愛らしく感じた。写真では笑顔が素敵なだなと思ったが、まだ緊張しているのか表情は硬め。

 

そして料理が運ばれてきた。コースなので前菜からだ。

 

「じゃあ早速食べましょうか。食べながら話しましょう。」

 

そうして料理を食べていったが・・・美味しい!お互いに感想を言っているうちに、ともこさんの表情も緩やかになってきたように思う。

 

ランチの時間は大体長くて2時間くらいだろうか?最初から引っ張り過ぎるのもアレなので、この時間中にちゃんと話をしたい。

 

「ともこさんは、Pairsは恋活と婚活、どちらの目的で始めたんですか?私は婚活目的で始めました。Pairsだと趣味とかでマッチングしやすいので、ともこさんがお笑い好きということで【いいね】送ったんですよ。」

 

「私も婚活目的ですよ。年齢も30手前なので真剣に考えないとと思ってて。としおさんに私も【いいね】したのは、お笑い好きだし、お話してみたいなと思ったからですよ。」

そう言ってこちらの目を見てしっかり話してくれる。

 

良かった、ともこさんも真剣に婚活をしている。よく婚活市場では、『3回目に会うくらいで告白すると良い』などといった定説があるが、ともこさんと住んでいるところが離れているし、会う機会はとても貴重だ。

 

初回だからといって、顔合わせをしてLINE交換するだけでは物足りない。そして明日婚活イベントが控えていることも頭にあり、ここはしっかりと話をするべきだと自分の中で決めた!

   

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代男性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 再婚活・再婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ バツイチの恋愛へ