アラフォーバツイチ子持ち男の婚活奮闘記

婚活に圧倒的に不利と言われる悪条件を持った男の記録です

フラれた後の駅までの道のり

失意のままレジへと向かう・・・こんな状態ではあったものの、ここは奢ろう。しかしともこさんに制止されてしまった。今思えばそれもそうか。

 

 

外へ出ると曇り空だった。まるで今の心境を表しているかのような、なんとも言えない気持ち。こんなことに慣れてはいけないが、回数を重ねたおかげかショックは少なかった。

 

そんな状態ではあるものの、駅までざっくばらんに話をする。

「ともこさん、ぶっちゃけどれくらい会ってるんですか?」

「私は・・・20人くらいですかね?先週も会ったばかりで。なかなか上手くいきませんね。」

 

いやいや、ともこさんの内に秘められた条件は何なのだろうか?

「いい人、条件に合う人見つかるといいですね。お互い頑張りましょう!」

「はい、としおさんも。」

 

そして駅に着くなり、ともこさんに聞かれた。この駅は2つの路線が走っているところだ。

「としおさんはどちらの路線に乗ってかれますか?」

「〇〇線ですよ。」

 

「そうですか、私は✖✖線なので、ここで。」

「分かりました、今日はありがとうございました。」

「こちらこそありがとうございました。」

   

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代男性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 再婚活・再婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ バツイチの恋愛へ