アラフォーバツイチ子持ち男の婚活奮闘記

婚活に圧倒的に不利と言われる悪条件を持った男の記録です

ゆうちゃんとカフェデート③

最初の内はお互いいつもやり取りしているように、当たり障りのない会話を交わす。最近のこと、仕事のこと、日常のこと。やはりLINEでやり取りしているのとは違い、すぐさま反応が返ってきて表情が見られるのは嬉しかった。

 

 

「・・・そういえばとしおくんってどこの高校出身なんですか?」

「高校?俺は○○高校だよ。ゆうちゃんは?」

 

「わ~頭いいんですね。私は△△高校なんです。」

少し恥ずかしそうにゆうちゃんは答える。

 

「そうなんだ?でも出身高校なんて関係ないよ。」

 

田舎ということもあってか、こういう話題は一般的にもよく出るような気がする。そしてゆうちゃんの出身高校は、なんとめぐちゃんと同じだった!むしろそこに反応してしまいそうだった。世代も近いから知ってたりして(;^_^A

 

「としおくん部活は何やってたんですか?私はお恥ずかしながら帰宅部だったんですけど(苦笑)」

「一応軽音楽部だったよ。途中から幽霊部員だったから帰宅部みたいなもんだったよ(笑)」

 

「わはは一緒ですね(笑)でも軽音楽部ってイイですね~何の楽器やってたんですか?」

「ギターやってたよ。もうすっかり弾けなくなったけどね。」

   

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代男性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 再婚活・再婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ バツイチの恋愛へ