アラフォーバツイチ子持ち男の婚活奮闘記

婚活に圧倒的に不利と言われる悪条件を持った男の記録です

メイさんとお見合い④

するとメイさんらしき人はこちらを見据え、

「はい、そうです!とるてさんですか?よろしくお願いします!」

そう言って礼儀正しくお辞儀をした。やはりメイさんだった。

 

 

これまで本名を教え合っていないのもおかしいが、このまま会話を続けるのも変に感じたので、とりあえず呼び名を変えることにする。

「こんにちは、とるてこととしおって言います。」

 

「としおさんって言うんですね。私は"りえ"って言います。」

「りえちゃんって言うんだね。じゃあ早速ご飯食べに行こっか?」

そうして駅構内の飲食街へと向かって行った。

 

この駅の飲食街は多数の飲食店があることもあって、特に予約をしていなかった。これはりえちゃんも了承済みだ。ところがさすが昼時、どこもかしこも混み合っている。歩きながら雑談を交わしていった。

 

すると一店舗、少しだけ席に空きがある店が目に入る。

「りえちゃん、あそこ席空いてるよ。ここでいいかな?」

そう言って軽食っぽい店を指差す。

 

「はい、いいですよ。ここにしましょう。」

 

そしてすぐさま席を確保した。席はカウンターのようなところで、2人で横に並び合った。とりあえずメニューを開いて注文を決める。

 

さあ、ここからどうしようか?心の中では葛藤がありつつも、りえちゃんとの会話が始まった。

   

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代男性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 再婚活・再婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ バツイチの恋愛へ