アラフォーバツイチ子持ち男の婚活奮闘記

婚活に圧倒的に不利と言われる悪条件を持った男の記録です

自分の気持ちに素直になる

冷静になろう。

 

 

りえちゃんとは1回会っただけだし、ライン交換もしていない。住んでいる場所もボヤかしているから分からないだろうし、お互いまだ全然知らない関係、ということが明らかになる。

 

縁結び、そういった意味でもサイト上だけのやり取りというのは安心感が持てた。デートの申し込みであればコンシェルジュ経由で断れるし、単にメッセージのやり取りであれば、途中で切れることは当たり前だった。

 

それは私も何度も女性側からされているし、ネット婚活では至って普通のこと。より個人情報やネットに不安のある女性側も、安心できるのがこのゼクシィ縁結びだと思う。男である私ですらそう思うのだから。

 

そうして後ろめたさを感じながらも、りえちゃんへは返信をしなかった。婚活は体力よりも精神力に負荷がかかる。一般論でいう、女性よりも男性のほうが繊細であるため、男性はよほど覚悟して婚活に臨まねばなるまい。

 

全員が全員ではないだろうけど、女性側はよりシビアに男性を見ていて、好条件の男性が現れれば、簡単に切られてしまうということを覚えておこう。

 

婚活、しんどくなってきたな・・・早く終わらせたいけど妥協はしたくない、そんな相反する気持ちが葛藤を繰り広げながら、今日も婚活を続ける。

   

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代男性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 再婚活・再婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ バツイチの恋愛へ