アラフォーバツイチ子持ち男の婚活奮闘記

婚活に圧倒的に不利と言われる悪条件を持った男の記録です

ゆうちゃん&子供たちと遊園地デート②

「もしもし、おはよう!今近くまできたよ。どこかな?」

「おはようございます!えっと、今どの辺りですか?」

 

 

「市営住宅の入り口だと思う。いくつか棟があるけど・・・」

「それなら2つ目の棟を過ぎたとこを左に曲がってください。そこに駐車スペースがありますので、そこで待ってますね。」

 

速度を落とし、1つ目、2つ目、と棟を過ぎる。なんだか急にドキドキしてきた。ゆうちゃんの声を久々に聞いたからだろうか?そしていよいよ道を左に曲がると・・・いた!ゆうちゃんがこちらに手を振ってくれている。

 

「あっ、そこだね。」

 

そう言って電話を切る。ゆうちゃんは今日も可愛らしい格好と、トレードマークの帽子を被っていた。ファッションにあまり詳しくないので表現できないけど、とにかく似合っていた。

 

「ゆうちゃんお待たせ!」

そう言って案内された駐車場へ車を止める。

「としおくん、朝早くからありがとう。じゃあこちらへ。」

 

そう言ってゆうちゃんの車へ移動した。・・・そう、実は今回は私の車ではなく、ゆうちゃんの車で行くことになったのだ。当初は私が乗せていくつもりだったのだが、ゆうちゃんが自分が運転したいと言ったので、その言葉に甘えることにした。

   

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代男性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 再婚活・再婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ バツイチの恋愛へ