アラフォーバツイチ子持ち男の婚活奮闘記

婚活に圧倒的に不利と言われる悪条件を持った男の記録です

ゆかりちゃんとの初電話

Prrrr・・・

「もしもし」

初めて聞くゆかりちゃんの声。

 

 

「もしもし、としおです。電話、なんか緊張するけど・・・いろいろ話そう!途中で絶対咳込むと思うから、ゴメンね。」

 

「ううん、全然いいですよ。じゃあさっきのLINEの続きですけど・・・」

 

初めての電話。

 

LINEとは勝手が違うから不安もあったけれど、話し始めるといつものように自然と言葉が出てきた。これまでの婚活のように「話を振らなきゃ」「どう言ったらいいだろう」そういったことを全く考えなくても会話が弾む。

 

途中で咳込んで心配されたけど、

 

「としおさん、私も以前喘息みたいになっちゃったことあるんですけど、病院へ行って吸引したらすぐ良くなりましたよ!もし良かったら行ってみてくださいね。」

 

とアドバイスをもらい、明日行ってみることにした。

 

もっと電話をしていたかったけれど、初めてということと、咳が心配ということで、15分くらいで切り上げることになった。

 

それからもしばらくLINEでやり取りをしておやすみとなる。

 

初めての電話ということでかなり構えていたけれど、実際に電話をしてみたらなんていうことなかった。いや、相手がゆかりちゃんだったからかもしれない。

 

メール < LINE < 電話 の順で、距離感が近付く感じがする。そう考えると実際に会うというのはもちろんだけど、できる限り早くLINE、電話に移行した方が良い気がした。それが難しいんだけど(;^_^A

 

ゆかりちゃんとの縁、大切にしたいな

   

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代男性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 再婚活・再婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ バツイチの恋愛へ